今週(1月30日~2月3日)の注目銘柄
今週の注目銘柄
担当者        永野 公海 担当者の紹介
今週の注目銘柄
NYでは50ドル台前半でのもちあい、東京では38000円から40000円のもちあいとなっている原油ですが、この後は下落に転ずると予想します。
根拠としては、OPECが減産をしているものの同時に米国での稼動リグが増加しており、現在世界最大の生産量を誇る米国の原油生産量が増加し減産効果を打ち消してしまうのではないか、という点と、海外でのファンドの買いが大きく膨れ上がっているにもかかわらず値段は横ばいがやっと、という状況が2014年半ばに原油価格が100ドルを割って急落した時と酷似していることです。
もし現在のもちあいを下に抜けた場合ファンドが一定量の買い玉の整理をかけるまでは下落基調は免れないのではないでしょうか。